Pill低用量ピル

トリキュラー

黄体ホルモン作用および卵胞ホルモン作用により、
主として排卵を抑え、子宮内膜変化により着床を抑え、
頸管粘膜変化により精子通過を阻害して、避妊効果を発揮します。
通常、避妊に用いられます。
  • トリキュラーの購入には、オンラインでの医師の診療を受けていただく必要があります。
    受診料は ¥1,500 (税抜) です。
  • 医師の診断の上ですが、トリキュラーは一度に最大6ヶ月分まで処方することが可能です。
    トリキュラーの値段は1ヶ月あたり ¥2,800 (税抜) です。
    ※ 3ヶ月分まとめての場合は 5% OFF、6ヶ月分まとめての場合は 10% OFFになります

※ 受診料を決済いただいてから、予約を取るためのリンクをメールにて送信いたします。

review

レビュー

  • 30主婦

    出産後PMS症状がひどくでるようになり、生理前のイライラや気分の落ち込みに悩んでいましたが、トリキュラーの服用をはじめてから以前のような気持ちのゆらぎが圧倒的に減り、精神的にかなり安定するようになりました。心配していた副作用もなく、生理も毎月軽くなったような気がします。オンライン診療でも丁寧に質問に答えていただけるので安心できました。

  • 20学生

    高校生の頃からPMS症状や生理周期の乱れに悩んでいました。低用量ピルは避妊目的というイメージが強くて何となく避けていましたが、病院でお医者さんに勧められて服用を始めました。すると、生理周期も安定し、生理前後のイライラやダルさ、生理痛も軽くなってとても快適に過ごせるようになりました。今では低用量ピルを飲まない生活は考えられません!副作用も服用後すぐ消えるので、PMSに悩んでいる女性におすすめしたいです。  

  • 30会社員

    月経周期が不安定のため、オンライン診療でトリキュラーを処方していただきました。服用してからは生理が毎月くるようになり周期のコントロールができるようになりました。また、出血量も多すぎる日がなくなり不快感が減ったような気がします。オンラインでの診療について、最初はどうだろうと思いましたが、どこにいても受診できる便利さ、直接診察しているときと変わらず、丁寧に受け答えしていただける安心感があり、また利用したいと思いました。

注意すべき副作用

    悪心、乳房緊満感、頭痛、嘔吐、下腹部痛、乳房痛、過敏症、発疹、肝機能異常、浮腫

用法・用量

  • 1日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って(赤褐色糖衣錠から開始する)28日間連続投与する。
  • 以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず29日目から次の周期の錠剤を投与し、以後同様に繰り返す